太い糸巻きデンタルフロス「Tom’s」を使ったら食べカスがごっそり取れて快適【アイハーブ購入品レビュー】

太いフロスTom'sを使ったら食べかすごっそりとれた

デンタルフロスって細すぎると歯間の古いカスがうまく取れないときありませんか?

私はところどころ歯間に隙間があって、ほそいフロスだとごっそり取れない!!!!

もっと太めなものはないかな?

と探したらありました。

それがTom’sって海外の糸巻き型のデンタルフロス。かなり太いです。そして安い。

おかげで、ごっそり取れるっていうね。

使用感など感想をもろもろレビューしますっ

隙間スカスカな歯には太いフロスが便利

前に安くて細いデンタルフロスを買ったんですね。

歯間や歯の根元がいちばん虫歯ができやすいと聞いたので、使ってみようと思ったんです。

でも実際に細いフロス を使ってみて、歯間が狭い部分は問題ないのですが、隙間がある歯間はだめ。

隙間の側面を何往復もしないといけなくて手間で。

そういうところはいくら細いデンタルフロスを通しても、なんていうか「ごっそり汚れをとった」感がなくて^^;

やらないよりはやったほうがいいんでしょうけど。

アイハーブで太いデンタルフロス「Tom’s」を発見

ってことで、今回はiherbTom’sというブランドのフロスを購入してみました。

こちらです。

Tom'sのデンタルフロス

Tom’sのデンタルフロスの購入の決め手

レビューで「太い」「汚れがとれる」と書かれていたので、それが購入の決め手です。

それにトムズの製品は成分的に安心できるのが多いと思っているので。

Tom’sのデンタルフロスの値段

私がが購入したときは割引されてて、400円前後でした。

さすがiherb、いつものように激安価格ですね〜。

>>iherbでTom’sのデンタルフロスをチェックする

Tom’sのデンタルフロス を使った感想

(画像が粗くて申し訳ない)

Tom'sのデンタルフロス

これは糸巻きタイプのフロスなので、↑金属の部分に引っ掛けてカットします。

必要な分だけカットする感じ。

Tom’sのデンタルフロスは太いから歯間の食べかすをごっそり取ってくれる

太いから、ごっそり取ってくれます。

Tom'sのデンタルフロス

商品名にフラットという文字が記載されているように、糸がつぶされたような幅広?な感じなんです。

幅は2mmくらいありますが厚さはそこまで極太ってわけではあません。

Tom'sのデンタルフロス

きしめん・・・って感じ。

太いので、食べかすをごっそり取り除いてくれる。

フロスした後は、爽快感に浸れます・・笑

※歯間に隙間がある人向けです。全く隙間がない人にはおすすめしません。

どれだけ太いのか、細いデンタルフロスと比較してみる

家にちょうど他のフロスがあったので比べてみました。

比べてみたところ、かなり太いのがわかると思います↓↓↓

Tom'sのデンタルフロス

もちろん細いフロスがいいって場合もあります。

歯間にちょっと隙間があったり、汚れはスッキリゴッソリ落としたいって人はTom’sはちょうどいい太さかなと。

それから歯列矯正中の人はワイヤーの関係で肢がついたデンタルフロスは引っかかってしまうので、こういった糸巻き型のフロスがおすすめです。

太いから、歯間に隙間がない人は太いのはおすすめしない

私は隙間が広いから太いフロス を使ってごっそり汚れを取るって感じですが、もともと歯間に隙間がない人は太いのはNGかなって思います。

隙間がない人だったら、細いので全然大丈夫ですので。

隙間がない人で太いフロス を使っても痛かったり糸が切れてしまう可能性もあるので。

Tom’sのデンタルフロスは口コミがよかった

これが私が購入を決めた最大の理由です。

太いだけで、すぐに切れちゃったり、ぜんぜん汚れが取れなかったら嫌ですもん。

iherbより口コミ参照

普段は普通サイズの糸でしたが、これを使ってから とても使いやすくて重宝しています。 太いけど、糸が毛羽立つことが少なくて使いやすいです。 細い糸を使っている方には不向きだと思います。

太めでしっかりかき取りしてくれます。繊維が裂けてくることがなく、今まで使ったフロスで一番使いやすいかも。 とてもコンパクトなので、ポーチに入れて持ち歩きようにしています。

けっこういい感じなこと書かれてたんです。

だから購入してみよ〜って気になったんです。

糸巻き型のフロスか、糸ようじか、どちらが良い?(違いについて)

糸巻き型のフロスと系ようじって何が違うの?

どちらも用途(歯間の食べかすを取り除くこと)は一緒で、形状が違うだけ。

デンタルフロス:糸
糸ようじ:持ち手がついた糸

それぞれメリットデメリットありますが、

デンタルフロス:手が唾液で汚れる、全部の歯の掃除ができる
糸ようじ:手が汚れない、形状によっては歯間に入りにくいものもある。

こんな感じ。

糸ようじはY字型など形状がいろいろあって奥歯はめっちゃ掃除しやすい。でも可動域が決まっているから、小刻みにゴシゴシしないといけない。

フロスは両手を使って口の中に指を入れるから唾液がつくし、手を洗わないといけない。

個人的には、デンタルフロス派です!太いのがデンタルフロスのが多いから

まとめ

今回はじめて太めのフロスを購入しましたが、ちゃんと汚れをキャッチしてくれるので、安心しました。

指でうまくやらないのが手間ですが、歯間のケアは虫歯予防に欠かせませんから、これからフロスをより徹底していこうと思いますね♪

>>iherbでTom’sのデンタルフロスをチェックする

【関連】このフロスも使ってみたよ!

両方ともアイハーブで購入した糸巻き型のデンタルフロスです。

これは細めの糸巻き型
Desert Essenceのデンタルフロスだよ!
Desert Essence(デザートエッセンス)のデンタルフロス【感想】Desert Essenceのデンタルフロス(ティートゥリーオイル&ワックスタイプ)のレビュー!
シルクの糸巻き型フロスなんてのもあったよ!
RADIUS(ラディウス)天然の絹綿のフロス【感想】RADIUS(ラディウス)天然の絹綿のフロスを使ってみた!細さや汚れの落ち具合についてレビュー