【ブログ】MUSO(ムソー)の純正なたねサラダ油を購入。化学溶液不使用&唐揚げがおいしく揚がりました

遺伝子組換え原料不使用&一番搾りのなたねサラダ油(ムソー)

最近油ばかり買っている気が・・・笑。天ぷらや唐揚げにハマっているせいですね。

市販の安い油は油を作る工程で化学溶液とやらを使っているようで、私はなるべく圧搾製法のものを選んでいます(一番搾り!的なw)

高いけど・・・泣

今回は通販でmuso(ムソー)の純正なたねサラダ油を購入しました。

早速唐揚げに使ってみたので成分や感想をお話ししたいと思います。

ムソー 純正なたねサラダ油 について

MUSO(ムソー)の純正なたねサラダ油

一言でいうと遺伝子組換え原料不使用&一番搾りのなたねサラダ油です。油の不純物の除去には「湯洗い」を採用。

化学的な溶液を使わずに作られた油なので、かなり自然な油って感じでしょうか。

値段は1.25kgでだいたい1100円くらい。スーパーで売られている油に比べ、高いですね;

MUSO(ムソー)の純正なたねサラダ油

なたね油なので、体内で作り出すことのできない必須脂肪酸(リノール酸、リノレン酸、オレイン酸)が含まれています。

MUSO(ムソー)の純正なたねサラダ油

原産国はオーストラリアです。

ちなみにビオセボンで買ったこのこめ油もおすすめ。比較的安いのもありがたい。

まいにちのこめ油

でも、個人的にこめ油で揚げ物すると痒くなるんで体質的に合っていないんですよね;

こめ油で揚げ物したいのだけど・・・^^;

ムソー 純正なたねサラダ油を使った感想

唐揚げや炒め物にガツガツ使っていますが、やっぱりこういったサラダオイルはクセがないから扱いやすいですね。

オリーブオイルとかだと料理を選ばないといけないので。

カリッと揚って普通にいつも通りの唐揚げができました。他のサラダ油と大きな差はないように思います。

成分重視で買ったので、味の違いとかはよくわかりません。

あ!そうそう。唐揚げといえば、オートミールを唐揚げ粉にして使うと歯応えが良くなっておすすめです。

オートミールを使用して作った唐揚げ

焦げてますが・・・そこはご愛嬌!笑

最近オーケーストアで購入したコーシャのオートミールを唐揚げに使用するのにハマっています。めちゃおすすめ。

サラダ油は体に良い?悪い?現時点での私の考え&商品の選び方

※私個人の考えです。

これ、私が長年思っていたことなんですが、サラダ油=体に悪い油 って思ってたんですよねぇ。

この議論は極端に真っ二つに別れていて、素人の知識だと「結局どっちが良いの?」と思うにとどまるという・・わかんないですよねぇ?

で、今の時点での私の考えとしては、一番はアマニ油やエゴマ油が良いのだろうけど、そればっかり買っているのは経済的に微妙。

だって揚げ物って一気にたくさんの量使うし、コスパ的に厳しい。

それらの油を使うくらいなら、化学溶液を使わず、絞って抽出&遺伝子組換えされていない原料の油を選ぶようにしたほうが経済的かなって。

今回のムソーのサラダオイルみたいなね。それでも高いけど・・・笑

まぁ揚げ物料理って油をがっつり食べることになるから、出来る限り良さそうなのを(それも自分で決めた基準)選ぶようにしています。

こういった圧搾系の油だと、OKストアで買ったカネゲンの油も扱いやすくてクセもなくて良かったです。

まとめ

油の味の違いとか正直よくわからないのですが、とりあえずカリっといい感じに揚がりましたし満足しています^^

今後も安心できる圧搾製法の油を買っていこうと思います〜!

あわせて読みたい
圧搾一番しぼり 国産なたねサラダ油OKストアで圧搾の菜種油を購入。天ぷら・唐揚げがカリッと揚って美味しい【化学溶剤不使用】有機栽培 べに花一番高オレイン酸これは良い。有機栽培 べに花一番高オレイン酸を使って天ぷら作ったらサクっと美味しくできました【創健社】