【感想】まいにち漢方を読んでみて思った事。無駄な物は取り入れない、自然が一番と実感する本

ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方 体と心をいたわる365のコツ

ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方 体と心をいたわる365のコツを購入してみました。

この本は何かを取り入れるというよりかは減らしたり、体調にあった自然な食品を取り入れて体をいたわっていきましょうという感じの優しい雰囲気の本です。

毎日というタイトルの通り、毎日1ページずつ養生のヒントが記載されています。

この本を読んで思ったことをお話ししたいと思います。

ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方 体と心をいたわる365のコツについて

低気圧やちょっとした疲れ、むくみ、冷えなどなど、いつもなんとなく不調という方にぴったりの1冊で、養生のための毎日の知恵がつまっています。

そしてどれも全然難しいことではなく「こんな時はこの食べ物がいいですよ〜」「こんなときはこういうサインなのでこう過ごした方がいいですよ〜」みたいな基本ゆるい雰囲気の内容です。

たとえばどんなことが書かれているかというと超ざっくりですが

    • 夏はスイカとトマトで熱を逃す
    • 冬は乾燥に備えて潤いを補う食べ物を食べる
    • 潤い不足を感じたら白いものを
    • アトピーは熱を冷ますこと

本書ではもっと具体的に書いてありますが、ニュアンスでいうとこんな感じです。

人間にもともと備わった能力を活かし、そして必要な食べ物、不必要な食べ物、おすすめの過ごし方等が書かれています。

【感想】ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方 体と心をいたわる365のコツを読んで思った事

結局のところ、わたしたち人間は余計なものを詰め込みすぎてしまったために体に不調がでているだけなのかもな・・・って思いました。

体調が優れないとき私たちは何かを補おうとします。

たとえば薬やサプリ、その他健康食品。

でもそれらに頼るのではなく、身近な自然食品を食べるあるいは減らす、そして休む。

これが基本なのかもな・・・・・って改めて思ったし激しく賛同しました。

あとですね、本書は難しい内容何一つ書いておらず、誰でも明日から始められるようなヒントばかりなんでそこも良心的だなって思いました。

だからといってこの本に書いてあることすべて実行するのは無理がありますが、365のコツがみっちり書かれている(本もだいぶ分厚いです)ので、できることから初めてみたいなっとも思いました。

養生といいますか、本当に自分の体をいたわっていきたい人は読む価値あるかと思いましたね。

ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方 体と心をいたわる365のコツはこんな人に良き!

  • 漢方の考えが好き
  • 食生活を見直したい
  • お金をかけずに養生したい
  • 高額なサプリや健康食品に頼りたくない
  • 慢性的な不調をどうにかしたい

不調は人それぞれ違うし、程度によっては病院に行ったほうがいいものもあると思います。

一概に「この本に買いてある通りにやればOK」というわけではないのですが、昔からずっと続いているちょっと優れない不調。それらだったら、この本を実践してみてもいいんじゃないかなって思いました。

時間はかかるかもしれませんが、今まで市販のサプリを飲みまくってもなかなか改善しなかったとか、添加物食品を長年食べてきた人は何かしら変化が期待できるのではと思っています。

そして難しいことは何も書かれていないし、自分にできることから少しずつやればいいという、そんな印象をもちましたので、読んでていてちょっとほっこりしますよ。

まとめ

こういう本を読むと、やはり私たち人間は、無駄なものを無理に取り入れる必要なんて全然なくて、体にあわせて自然な食事をし、そして休み、無駄なものは減らすということが本当に大切なんだなってつくづく思いますね。

以上、ミドリ薬品漢方堂のまいにち漢方 体と心をいたわる365のコツの感想でした〜♪